英会話を学ぶためには英会話教室へ通う事が大切です。

TOEIC対策をする

TOEICテストリスニングについて

TOEICテストとは、Test of English for international Communicationの略で英語の能力を検定するために設けられている試験のことを言います。TOEIC対策としてどのような問題が出題されているのかを把握しておくことが大切です。リスニング問題は100問ほどあり、所要時間はおよそ45分間となっています。パート1では10問の写真描写問題で、写真を見て適切なものを4択から選びます。パート2では、30問の応用問題で放送された質問に対して適切なものを選びます。パート3は30問の会話問題ですので、2人の会話を聞いた後の質問に対して適当なものを選択肢の中から選ぶことになります。パート4の説明文問題は30問で、質問と選択肢が記載されていますので、ナレーションを聞いた後に4択から選んでいきます。TOEIC対策としてリスニングになれる訓練をしましょう。

TOEICテストのリーディング

TOEIC対策としてリーディングの出題傾向も把握しておきましょう。リーディングでは、短文の穴埋め問題や長文の穴埋め問題、読解問題があります。短文穴埋め問題は40問で、文の一部分が空欄になっていますので、そこに当てはまるものを4つの選択肢から選びます。イディオムになっている場合は、文章を全部読まなくても瞬時に選択できるようになります。長文穴埋め問題は、1つの文章に3カ所の空欄があります。語法や品詞、文法、慣用句などから考えていく問題となります。読解問題は48問ほどあり、長文を読解して問題を答えるパターンや、図や表などのグラフから答えを導き出すようなパータンがあります。読解問題のTOEIC対策として読み進めている途中で分からない単語が出て来ても、そこに執着せずに先に進み全体から内容を予測していくことがおすすめされています。

Copyright (c) 2015 英会話を学ぶためには英会話教室へ通う事が大切です。 all reserved.